• Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
社内向けチャットのルール7選と避けるべきNG行為を徹底解説
社内向けチャットのルール7選と避けるべきNG行為を徹底解説
社内コミュニケーションの効率化を目指すものの、ビジネスチャットの適切な使い方に悩んでいませんか。チャットは便利なツールですが、ルールがなければセキュリティリスクが高まり、混乱を招く恐れがあります。また、ルールが不明瞭だとチャットのメリットが十分に活かされず、逆に効率が落ちる可能性もあります。

このような問題を避けるために、社内チャットの運用ルールを明確に設定し、適切な使用を促進することが大切です。そこで今回は、社内チャットの効果的な利用を支援するルール7選と、避けるべきNG行為を解説します。

【目次】

コミュニケーションツール活用のポイント

CrewWorks_campaign_banner

社内チャットの運用ルールを定めるべき理由

社内チャットの運用ルールを定めるべき理由

ここでは、社内チャットの運用ルールを定めるべき理由について、以下の3点を解説します。

  • セキュリティの確保
  • 利用の浸透と効率化
  • 秩序と一貫性の維持

1つずつ見ていきましょう。

セキュリティの確保

社内チャットの運用ルールを定めるべき理由の1つ目は、セキュリティの確保です。

社内チャットでは多くの機密情報を取り扱う場合があります。適切なルールがなければ、誤送信や情報漏洩のリスクが高まります。例えば、「重要な情報は特定のチャットルームでのみ共有する」などの明確なルールを定めることで、不適切な情報共有を防ぎ、セキュリティを高めることができます。全従業員がこれらのルールを理解し遵守することで、情報漏洩のリスクを大幅に低減させることにつながるのです。

このようなルールを定めることで、企業のデータ保護に役立ち、安心してチャットツールを使用できる環境が実現できます。

関連記事:ビジネスチャットのセキュリティ対策は?おすすめツール8選も比較・紹介

利用の浸透と効率化

社内チャットの運用ルールを定めるべき理由の2つ目は、利用の浸透と効率化です。

社内チャットの効果を最大限に引き出すためには、全従業員が適切に使いこなす必要があります。そこで運用ルールをきちんと設定することで、従業員はどのような情報を共有し、どのタイミングでどのチャットルームを利用すべきかを正確に理解できるようになります。このようなガイドラインは、従業員が迷わずチャットツールを利用できるようにし、結果として社内コミュニケーションの効率を大幅に向上させます。

例えば、特定のプロジェクトに関する情報は専用のチャットルームで共有する、緊急でない内容は特定の時間帯に送信するなど、具体的なルールを設けることで、情報の流れがスムーズになり、仕事の効率が上がります。

秩序と一貫性の維持

社内チャットの運用ルールを定めるべき理由の3つ目は、秩序と一貫性の維持です。

運用ルールが存在することで、社内チャットの使い方に一定の基準が設けられ、情報伝達がより整理された形で行われます。これにより、情報が無秩序になったり、大切なメッセージが見落とされたりするのを防ぐことができます。特にチャットツールの使用に慣れないベテラン従業員や新入社員にとっては、チャットの適切な使い方を理解し、効果的に情報を共有し管理するためのガイドラインが役立ちます。

ルールをきちんと設けることで、全従業員が同じ視点に立ち、コミュニケーションが円滑になり、業務の効率も向上します。

関連記事:ビジネスチャットの運用で押さえておくべき5つのルールとは?

社内チャットで守るべきルール

社内チャットで守るべきルール

ここでは、社内チャットで守るべきルールについて、以下の7点を解説します。

  • ビジネスの場にふさわしい言葉遣いをする
  • 早めの返信を心がける
  • グループチャットでは発信相手を明確にする
  • プライバシーの保護に注意を払う
  • 明瞭簡潔なメッセージを送る
  • 新規グループ作成は上司に許可を取る
  • 使用時間を明確にする

1つずつ見ていきましょう。

ビジネスの場にふさわしい言葉遣いをする

社内チャットで守るべきルールの1つ目は、ビジネスの場にふさわしい言葉遣いをすることです。社内チャットを使うときには、ビジネスに適した丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

使いやすいツールであっても、ビジネスパーソンとしての態度を忘れずにいることが大切です。適切な言葉遣いをすることで、相手に敬意を示し、職場の雰囲気を良好に保つことができます。これにより、社内のやり取りがはっきりとし、誤解が少なくなり、全員が快適に意見を交換できます。

ビジネスの場での適切なコミュニケーションは、職場でのスムーズな作業と良好な人間関係を築くために役立ちます。

早めの返信を心がける

社内チャットで守るべきルールの2つ目は、早めの返信を心がけることです。チームメンバーや上司からのメッセージに迅速に反応することで、必要な情報の伝達が遅れることを防ぎ、業務の進行をスムーズにします。返信を遅らせてしまうと、プロジェクトの遅延や誤解を招く可能性があります。

特に、緊急性が高い内容や重要な意思決定に関わるメッセージに対しては、できるだけ早く対応することが望ましいです。早めの返信を心がけることで、チーム内の信頼関係を築き、効率的な仕事の流れを実現するために重要な役割を果たします。

グループチャットでは発信相手を明確にする

社内チャットで守るべきルールの3つ目は、グループチャットでは発信相手を明確にすることです。特に多くの人が参加するグループチャットでは、誰がメッセージの対象であるかをはっきりさせることが大切です。これにより、メッセージが正しい人に届き、重要な情報が見落とされたり、誤解が生じたりするのを防ぐことができます。

例えば、メッセージの冒頭に対象者の名前を記載する、特定の人に返信するときは返信機能を使用するなどの方法があります。これらの機能を使用することで、効率的かつ明確なコミュニケーションが可能になり、チャットを通じた情報伝達がスムーズに行われます。

プライバシーの保護に注意を払う

社内チャットで守るべきルールの4つ目は、プライバシーの保護に注意を払うことです。社内チャットで個人の詳細や機密性の高い業務内容に関する情報を扱うときには、特に慎重になるべきです。あらゆる手段を用いて、誤って情報が外部に漏れたり、不適切な方法で共有されたりすることを防ぎます。

また、セキュリティ対策として、チャットルームのアクセス制限や情報の分類に関するルールを設け、従業員にこれらのルールを徹底させることも大切です。これにより、社内コミュニケーションを安全に保ちながら効果的に活用することが可能になります。

明瞭簡潔なメッセージを送る

社内チャットで守るべきルールの5つ目は、明瞭簡潔なメッセージを送ることです。読み手にとって理解しやすいように、ポイントを絞って短くはっきりとした文章で内容を伝えましょう。

冗長な文章を避けることで、情報の重要な部分が埋もれるのを防ぎ、メッセージの意図を明確に伝えることができます。これにより、チャットを通じたコミュニケーションがより効率的になり、誤解を減らし、作業の効率化につながります。簡潔で直接的なコミュニケーションは、時間を節約し、チーム内の情報伝達をスムーズにするために役立ちます。

新規グループ作成は上司に許可を取る

社内チャットで守るべきルールの6つ目は、新規グループ作成時には上司に許可を取ることです。チャットルームが過剰に増えることを防ぎ、情報の散漫化を避けることができます。

上長の許可を得ることで、グループの目的や必要性が明確になり、チーム内のコミュニケーションがより効率的に行われます。このようなルールは、重要な情報が適切なチャンネルを通じて共有されることを示し、全体の業務効率の向上が期待できます。また、チャットの使い過ぎを防ぎ、組織内のコミュニケーションを効果的に管理するために役立ちます。

使用時間を明確にする

社内チャットで守るべきルールの7つ目は、使用時間を明確にすることです。社内チャットの運用において業務時間外の使用を禁止するルールを設けることで、従業員のワークライフバランスの維持に役立ちます。このルールにより、業務時間外に届いたメッセージは翌日に確認し、返信することが一般的になります。休日や夜間にチャットをチェックする必要がなくなり、既読や返信のプレッシャーから解放されます。

結果として、トラブルの発生や人間関係の悪化を防ぐことができ、職場環境の改善に寄与します。このようなルールを定めることで、従業員のプライベートな時間を尊重し、ストレスの軽減にもつながります。

関連記事:ビジネスチャットにおけるコミュニケーションのポイントは?注目の背景や活用するメリット・デメリットも解説

 

CrewWorks_campaign_banner

社内チャットのルールを守るために、やってはいけないNG例

社内チャットのルールを守るために、やってはいけないNG例

ここでは、社内チャットのルールを守るために避けるべきNG行為について、以下の3点を解説します。

  • メッセージの無視
  • 業務と関係のない話題
  • 必要以上の即レスの強要

1つずつ見ていきましょう。

メッセージの無視

社内チャットのルールを守るために、やってはいけないNG例の1つ目は、メッセージの無視です。社内のコミュニケーションでは、相手からのメッセージに対して何らかの返信をすることが基本です。

もし返信がすぐにできない場合でも、受け取ったことを知らせるためにスタンプやリアクションなどの簡単な通知を送るようにしましょう。これにより、相手の不安や誤解を避けることができます。メッセージを完全に無視すると、相手に不快感を与えたり、コミュニケーションが途絶えたりする原因となり、職場の人間関係や業務の効率に悪影響を及ぼす可能性があります。相手からのメッセージには適切に反応することが大切です。

業務と関係のない話題

社内チャットのルールを守るために、やってはいけないNG例の2つ目は、業務と関係のない話題です。ビジネスチャットは業務の効率化を目的としているため、雑談やプライベートな内容は控えるべきです。

無関係な話題は業務の流れを妨げる可能性があり、またチャットルームを乱雑にすることにもつながります。個人的な会話や雑談は実際に顔を合わせたときや私的なコミュニケーションツールで行うようにしましょう。このような規律を守ることで、社内チャットは効率的なコミュニケーションツールとして機能し、職場の生産性を高めることができます。

必要以上の即レスの強要

社内チャットのルールを守るために、やってはいけないNG例の3つ目は、必要以上の即レスの強要です。確かに素早い返信はコミュニケーションを効率化する一方で、常に即レスが求められる環境は作業の集中を妨げ、ストレスを引き起こす可能性があります。

頻繁な通知は、今やるべきタスクに没頭することを妨げ、結果として全体の生産性を低下させる可能性があるため、注意が必要です。相手が返信できるタイミングを考慮し、すぐに返信がなくても理解を示しましょう。これによりストレスのない、健全な職場環境が実現できます。

関連記事:ビジネスチャットに既読機能は必要?メリット・デメリットともに解説!

まとめ

まとめ

今回は、社内チャットを効果的に利用するための具体的なルールと、避けるべきNG行為に焦点を当てて解説しました。

チャットを通じたコミュニケーションは、機密情報の取り扱いや情報共有の効率化において重要な役割を果たします。そのため、セキュリティを確保し、誤送信や情報漏洩のリスクを最小限に抑えるためのルールを設けることが大切です。

また、社内チャットの利用が全従業員に浸透することで、コミュニケーションが活性化し、業務の進行がスムーズになります。社内チャットをより安全で効率的に活用していきましょう。ビジネスチャットを導入した企業の事例は、「ビジネスチャットの事例7選を紹介!自社の導入検討に役立てよう」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

CrewWorks_campaign_banner

テレワーク導入による変化に対応!
コミュニケーションツール活用のポイント
ビジネスコミュニケーション調査を基に課題と対応方法を徹底解説!

 

コミュニケーションツール活用のポイント

 

最新のビジネスコミュニケーション調査をもとに、テレワーク環境におけるコミュニケーションの課題を明らかにし、それらに対応するための具体的なアプローチとツールの活用方法を紹介しています。
チームのポテンシャルを最大限に引き出したいビジネスパーソンは必読です。

 

記事をシェアする
CrewWorks編集部
この記事を書いた人
CrewWorks編集部
CrewWorksコラムは、ビジネスチャット、タスク管理、CRM、社内SNS、ナレッジ共有などのコミュニケーションツールに関する情報やビジネスコミュニケーションをより円滑にするための情報を発信します。
PAGETOP