• Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
ビジネスチャットでコミュニケーションを取るべき理由からメリット・デメリット・ポイントまで徹底解説
ビジネスチャットでコミュニケーションを取るべき理由からメリット・デメリット・ポイントまで徹底解説
現代では、IT化・DX推進などによりビジネスにスピード感が求められるようになったと同時に、ビジネスにおけるコミュニケーション方法を変化させる必要性に迫られています。よりスピーディーなビジネスを展開するために、リアルタイムでコミュニケーションが取れるビジネスチャットは、ビジネスに欠かせないツールの1つといえるでしょう。

そこで今回は、ビジネスチャットでのコミュニケーションが注目されている理由・コミュニケーションを取るメリット・デメリット・ポイントを解説します。

【目次】

ビジネスチャットツールのチェックリスト【決定版】~導入を失敗しないための必須10項目~

CrewWorks_beta_banner

ビジネスチャットでのコミュニケーションが注目されている理由

ビジネスチャットでのコミュニケーションが注目されている理由

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、近年テレワークの導入を進める企業が増えています。総務省が調査する「勤務先におけるテレワーク制度導入状況の変化」によると、令和2年3月までは、アンケート回答者が勤務する企業のうち、19.8%の企業にテレワーク制度があると答えています。令和3年10月になると40.0%まで増えました。約1年6ヶ月の期間に倍以上の企業がテレワークの制度を整えたことがわかります。

テレワークで働く従業員がオフィス以外の場所で勤務する機会が増えたことで、対面でのコミュニケーションが減少し、企業全体でコミュニケーション不足を感じる企業も少なくありません。今後もこのような状況が継続することが考えられるため、いつでもどこからでもコミュニケーションが取れるような環境を作る必要があります。そのためのツールの1つがビジネスチャットといえるでしょう。

現代では、IT化が進み、さまざまなICT機器によりオフィス以外の場所でも便利に業務を進められるようになっています。また、政府がDX推進を掲げていることから、ビジネスにおいてもよりスピード感が求められるようになるでしょう。このような時代に対応していくためには、リアルタイムでのコミュニケーションが欠かせません。

ビジネスチャットを導入することで、これからの時代に対応したビジネスが展開できるといえます。

関連記事:ビジネスチャットの事例7選を紹介!自社の導入検討に役立てよう

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリット

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリット

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリットを、以下の3点から解説します。

  • スムーズなコミュニケーションが可能
  • カジュアルな会話で話をまとめることが可能
  • テキスト以外のコミュニケーションが可能

1つずつ見ていきましょう。

スムーズなコミュニケーションが可能

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリットの1つ目は、スムーズなコミュニケーションが可能であることです。

ビジネスチャットは、これまでビジネスのコミュニケーションの主体であったメールとは違い、一方向からのコミュニケーションではなく、会話をしながら進める双方向のコミュニケーションが中心になります。メールでは相手に話を投げかけて相手の都合で返ってくる返信を待つ、というスタイルですが、ビジネスチャットでは、テキストでの簡単な打ち合わせをリアルタイムで行うことができます。簡潔な会話で結論を得られるため、スムーズにコミュニケーションが進みます。

カジュアルな会話で話をまとめることが可能

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリットの2つ目は、カジュアルな会話で話をまとめることが可能であることです。

ビジネスチャットでは、メールの文頭に持ってくるようなあいさつ文・定型のビジネス文を必要としません。そのまま本題に入り、必要以上にかしこまった表現を使うことがないため、カジュアルな会話で必要な回答を得ることができます。

テキスト以外のコミュニケーションが可能

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るメリットの3つ目は、テキスト以外のコミュニケーションが可能であることです。

ビジネスチャットではテキストでのコミュニケーション以外にも、通話・Web会議・ファイル共有が可能です。テキストで会話をしているうちに、直接話したほうが早いと判断されたら、通話やWeb会議に切り替えて引き続き話を進めることができます。そのためビジネスチャットは、状況に応じてコミュニケーション方法を柔軟に選択できるといえます。

関連記事:ビジネスチャットとは?おすすめツール7選と活用のメリットや主な機能を比較解説

関連記事:ビジネスチャットの3つのメリットとは?デメリットと活用ポイントも解説

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリット

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリット

ビジネスチャットでコミュニケーションを取ることで、簡潔でスムーズなコミュニケーションが期待できます。一方でビジネスチャットでのコミュニケーションには、デメリットもあります。

ここでは、ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリットを、以下の3点から解説します。

  • お互いの理解にすれ違いが起こる可能性がある
  • お互いの気持ちがわかりにくい
  • 通知バッジが気になりコミュニケーション疲れを起こす

1つずつ見ていきましょう。

お互いの理解にすれ違いが起こる可能性がある

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリットの1つ目は、お互いの理解にすれ違いが起こる可能性があることです。

ビジネスチャットでは簡潔な文章で相手に話を伝えることから、場合によっては捉え違いが起こる可能性があります。そのため、話に結論が出たら、最後に自分の言葉で結論をまとめて相手に提示し、同意を得るほうが確信を持ちやすいといえます。

お互いの気持ちがわかりにくい

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリットの2つ目は、お互いの気持ちがわかりにくいことです。

ビジネスチャットでは相手の状況・表情が見えないままテキストでのコミュニケーションを中心に行います。そのため発言内容がどのような状況で、どのような気持ちでされているのかがわかりづらくなります。打ち合わせ中や移動中などはとくに、文章が簡潔になる傾向があり、人によっては「対応が冷たい」と感じる場合もあるでしょう。

このような場合には、たとえば「今、打ち合わせ中・移動中です」など最初に断っておくことで、相手に状況が伝わるため、たとえ短いコミュニケーションであっても意図がわかるため、冷たい対応という印象を与えにくくなるといえます。また、絵文字などを活用することで、感情がより伝わりやすくなるためおすすめです。

通知バッジが気になりコミュニケーション疲れを起こす

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るデメリットの3つ目は、通知バッジが気になりコミュニケーション疲れを起こすことです。

ビジネスチャットでは通知が届くと音で知らせたり、画面に通知が表示されたりします。無視しても通知バッチがたまることから、業務に集中できないという状況にもつながる懸念があります。また、気になるからといって、通知が来るたびにビジネスチャットを開いていると業務効率が低下することもあるでしょう。結果として、従業員がコミュニケーション疲れを起こしてしまうことも考えられます。

このような場合、通知バッジを自分にメンションが来た時だけにする、など設定を変えることで解決される可能性があります。使い方のルールの1つとして策定しておくことがおすすめです。

関連記事:ビジネスチャットで営業を効率化!おすすめツール10選を紹介

CrewWorks_beta_banner

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るときのポイント

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るときのポイント

ビジネスチャットのコミュニケーションには、さまざまなメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットを理解したうえで、ポイントを押さえて活用することがおすすめです。

ここでは、ビジネスチャットでコミュニケーションを取るときのポイントを、以下の2点から解説します。

  • 簡潔な言葉で表現する
  • ポジティブに返信をする

1つずつ見ていきましょう。

簡潔な言葉で表現する

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るときのポイントの1つ目は、簡潔な言葉で表現することです。

ビジネスチャットでのコミュニケーションにおいて、長文で送られてくると相手が読みづらく感じ、話の趣旨が捉えにくいと思われる可能性があります。そのため話の進め方としては、まず結論から伝えて、結論を補完するための説明をシンプルにしていくと良いでしょう。ビジネスチャットでは、できる限り簡潔な表現を使うことが重要です。

ポジティブに返信をする

ビジネスチャットでコミュニケーションを取るときのポイントの2つ目は、ポジティブに返信をすることです。

ビジネスチャットのコミュニケーションは、テキストが中心になります。また簡潔な言葉で表現することが増えるため、人によってはコミュニケーションエラーにつながることが懸念されます。ビジネスチャットでは、かしこまった表現を最低限に抑えることが求められますが、言葉選びには注意が必要といえます。コミュニケーションの相手を不快な気持ちにさせないようなポジティブな返信を心がけましょう。

関連記事:ビジネスチャットでコミュニケーションを取るべき理由からメリット・デメリット・ポイントまで徹底解説

まとめ

まとめ

今回は、ビジネスチャットでのコミュニケーションが注目されている理由・コミュニケーションを取るメリット・デメリット・ポイントを解説しました。テレワークが浸透している現代において、コミュニケーションを補完するためのツールとして、ビジネスチャットは欠かせないといえます。ビジネスチャットでは、簡潔な文章でスピード感があるコミュニケーションが可能な一方で、言葉選びを間違えると人間関係の悪化にもつながる可能性があります。

ビジネスチャットを導入するときには、最低限のルールを設定し、誰もが気持ち良くコミュニケーションが取れるような環境づくりをすることがおすすめです。

CrewWorks_beta_banner

 

ビジネスチャットツールのチェックリスト【決定版】 ~導入を失敗しないための必須10項目~

 

ビジネスチャットツールのチェックリスト【決定版】 ~導入を失敗しないための必須10項目~

 

ビジネスチャットツールを導入するうえで押さえておきたい10項目を学べる資料です。「機能性」「操作性」「セキュリティ対策」など多角的な視点から解説します。

 

記事をシェアする
CrewWorks編集部
この記事を書いた人
CrewWorks編集部
CrewWorksコラムは、ビジネスチャット、タスク管理、CRM、社内SNS、ナレッジ共有などのコミュニケーションツールに関する情報やビジネスコミュニケーションをより円滑にするための情報を発信します。
PAGETOP